*黒烏龍茶の肥満予防の効果効能について

黒烏龍茶は、メインとしている成分がウーロン茶ポリフェノールです。
ウーロン茶ポリフェノール このウーロン茶ポリフェノールは、脂肪の吸収を抑える効果があると言われています。
その他に脂肪の分解を促進させる働きや食後の血中脂肪の上昇を抑える効果効能も あります。
これは、烏龍茶にしか含まれいないポリフェノールで沢山のカテキンが結合することに よることに由来します。
本来は、肥満の大敵である中性脂肪ですが、身体の中に蓄えられる資質の一種で。 肉類の脂身や乳製品、てんぷらなどの油もののよく含まれています。 食事で摂取される食べ物に含まれる脂肪のほとんどが中性脂肪です。
この中性脂肪は、本来は、人間が生きていくうえでエネルギーとして 必要なものなのです。
食時から撮った中性脂肪は、まずは、小腸で分解されます。 それが血液中に取りこまれて、全身の組織に運ばれエネルギーになるのです。
さらに中性脂肪は、全部がエネルギーになるわけではなくて、残った中性脂肪は 身体を温める効果効能があり、外部からの衝撃などから臓器を守る役割を 持っています。
通常は、この中性脂肪が適切な量を摂取しなければいけないのですが 現在では、外食の人が多く脂っこい物や日本食から肉類がメインの 食時になってきているため、余分な中性脂肪が溜まってきます。
そのような時に脂肪を燃焼してくれ肥満予防となるものが黒烏龍茶です。
黒烏龍茶を定期的に摂取すると余分な中性脂肪を吸収してくれる効果効能が あるため肥満予防には最適な飲み物と言えます。
肥満予防するには、運動も大切ですが、仕事や育児、家庭などで 忙しく、さらに外食になりがちな人には、黒烏龍茶を飲んで肥満予防 をすればいいわけです。 つまり余分な中性脂肪の吸収を抑えればいいのです。